光源舎オートプロダクツ

幼児専門車製造メーカー。企画・設計・製造・販売・登録・納車・パーツを含んだアフターサービスまで一貫して行う、
国内唯一のワンストップサービスの光源舎です。

商品ラインナップ

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

日本人の不思議

投稿日:2018年7月18日

こんにちは。関東の渡邉です。

前回のブログの末尾を日本人で結びましたので、今回はそれに関連する面白い本をお示しいたします。IMG_0788某大学の名誉教授でもあるある角田博士という方のとても面白い研究内容がまとめられております。日本人の脳には地磁気センサーがあり、歩いて移動すると土地土地の地磁気の変化が脳で感じられるのだとか。確かに今でも埋滅して分からなくなった水道管を探すのにダウジングを採用しているそうですからね。また、日本人とポリネシア人のみが虫や鳥の鳴き声、せせらぎの音を感情を司る左脳で聞いており、世界中の他の民族には無い特徴を持っているのだとか。しかも9歳ごろまでに母国語を日本語とすれば民族に関係なくこの脳の特徴を現すとのこと。日常何気なく行ってる日本語の会話。そこには実はとてつもなく偉大な力が作用されていることに気づかせてくれます。基本的に研究論文ですが比較的読みやすくかつ科学者の検証内容ですので科学に沿って読み続けることができます。

この件、個人的にはやはり探求心が止まらなくなり、色々調べているとなんと日本語の古語(現代では意味が分からない言葉や地名など)をポリネシア語で読むと意味が分かるという研究者がいらっしゃったり、ポリネシアで約5000年の歴史を持つワイタハ族という部族の長が昭和の初め頃にわざわざニュージーランドから昭和天皇に謁見しに来られたとか、知らないことが続々と湧いて出て参ります。私も古い時代の事を調べるのがライフワークの一つになっておりますが、結構世の中にはプライベーターの研究者たちがそれぞれが深く追求した内容で歴史をとらえてらっしゃっており興味深いものが有ります。オカルトはいけませんが実証見分的研究内容は世に残ってもらいたいものです。

お料理アラカルト

投稿日:

皆様こんにちは。大変お暑い日々が続きますが如何お過ごしでしょうか?関東の渡邉です。一年を通して暖冷房になるべく頼らない暮らしを心掛けている我が家ですが、昨夜寝ている間に熱中症になってしまったようで(笑)、いよいよここにきてクーラーの封印を解かざるを得ない状況になって参りました。

かつて学生であった頃、太陽の表面温度は6000℃と覚えた記憶が有りますが、最近の情報では表面温度は26℃だとか。「日中の気温より全然低いじゃないか!」とツッコミを入れたくなりますが、日本の大学教授をはじめ海外でもそのように研究されている方々がいらっしゃるようです。今後素粒子の研究が進んでいけば、驚くような事も発見されるかもしれませんね。地元つくば学園都市でも電子同士の衝突実験を今年の春からスタートしております。「観察すると姿を現し、観察をやめると姿をくらます」のだとか。電子レンジだの電子機器等々その名前は昔から言い古されている電子ですが、実はその実態は解明されていないわけですね。そういえば光合成もそうでした。

DSC_1469

30cm前後のメバルとイシモチ

DSC_1473

メバルの清蒸。発火寸前のごま油を白髪ねぎにかけて仕上げます。

そんなわけで好きな釣りも日中は危険すぎるため、この時期は宵の潮騒、夜釣りが中心になります。メバルのこの蒸し物は本当に素晴らしい料理になります。まさに食は歓び、歓喜であります。

DSC_1476そして、この時期限定のワタリガニ♪今年は業務用の寸胴鍋を購入し中華風に縦に積み上げて蒸してみました。

暑い寒いとなんだかんだ言いながらも、季節の魚たちは旬の味覚を家族に運んでくれます。本当に有難いことです。日に祈り土地を耕し魚を獲る、生活。古来から自然にはぐくまれてきた日本人。たとえ暑くても、お日様にも感謝です。

東久邇宮記念賞受賞

東久邇宮記念賞受賞

Facebook

東久邇宮記念賞受賞

お問い合わせ 資料請求はコチラへ!

お問い合わせ 資料請求はコチラへ!お問い合わせ 資料請求はコチラへ!