光源舎オートプロダクツ

幼児専門車製造メーカー。企画・設計・製造・販売・登録・納車・パーツを含んだアフターサービスまで一貫して行う、
国内唯一のワンストップサービスの光源舎です。

商品ラインナップ

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

善光寺

投稿日:2016年6月29日

こんにちは。本部フロントの佐々木です。

 

ここ数日、善光寺が何やら騒がれてますね。『生き仏』と言われる方に何が起きたのでしょうか??

5月の連休に長野の親戚を訪ねながら信州・東海地方を旅行したのですが、この善光寺にも足を運んでみました。行く年来る年のテレビで見る度に、いつかはお参りをしてみたい!と思っていたのですがようやく叶いました!!

駐車場を裏側?に停めましたので本堂の後ろから入ったようで、まず門をくぐるべくグルット回りました。眼下に広がる門前町の風景は北海道にはない歴史の深さを感じさせてくれます。

私がお寺や神社に惹かれるのはそんな背景からかもしれません。

善光寺と言えばやはり『お戒壇巡り』でしょう。ドキドキしながら階段を下りますと・・・本当に真っ暗!!いくら暗くても次第に目が慣れてうっすらと見えると思っていたのですが、いくら先に進んでも、全く、すぐ前に居るはずの娘の位置でさえ分かりません。闇がこんなに怖いものだと初めて知りました。

あ!きちんと極楽へ続く錠前は確認できましたよ~♪

帰ろうと戻る途中に鐘の横を通ると、鐘をまさにつこうとしているではありませんか!除夜の鐘ではないですが、生音が聞けるなんて思ってもいませんでしたから感激が倍増です。時報の代わりに普段からもついているのですね。

門前町を下りまして、おやきとおそばを頂いて善光寺を後にしました。

善光寺②善光寺

エゾリス キター!

投稿日:2016年6月27日

IMG_2602IMG_4922こんにちは。フロント川島です。

土日はずーっと雨が降っていましたが、今日は気持ちの良い青空が広がっております。(^v^)

そんな雨の週末、庭の花が一斉に咲き始めて、きれいだな~と眺めていたら。。。なにやら茶色いものが動いている。。。エゾリスではないですか!近所にいることは知っていたけど、うちの庭に来てくれるなんて!感激!しかも。かっかわいい~!!思わず携帯でたくさん写真を撮ったのですが、外は雨降りで室内から撮っていたので残念ながらボケております。置物にしか見えません。

庭に来る鳥たちのためにいつもひまわりの種を置いているのですが、エゾリスにとっては大発見だったのでしょう。味をしめたようでかなり長い時間ほおばっていました。天敵のカラスもキツネもいるから、気をつけて長生きしてほしいものです。

庭の鳥、といえばたくさん来る鳥たちの中にクリーム色のかわいいスズメちゃんが1羽います。

うちでは「しろちゃん」と呼んでいて、見つけた時には何かいいことがありそうな気持ちになります。(*^_^*)

母の話では庭に来るようになって2年目とか。この写真の左側なのですが。。。2階の部屋からズームインしたので、これまたボケてますねぇ。白く見えるのは光のせいではなく、本当に白い(クリーム色)なんですよ。あ~でも写真の腕が悪い(@_@;)。残念!今度キレイに撮れるようにまた頑張りま~す!IMG_5968

 

日曜日はダブルヘッダー!

投稿日:2016年6月21日

こんにちは。釣りブログ担当の渡邉です。

随分と梅雨らしくなって参りましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

晴れれば30度を超す真夏の陽気に様変わりするこの時期ですが、このお日様を浴びれば浴びるほどに味が良くなると言われる魚が今回の画像の<コチ>でございます。この時期のコチは通称’照りコチ’と称され、産卵に向け盛んにエサを捕食してうま味も増してまいります。釣りの引き味もなかなかで釣っても食べても釣り人を満足させる逸品です。朝のひと時のチャンスタイムでめでたくゲット。今回は52センチの良型でお刺身で頂きます。DSC_1119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて夕方から夜にかけて日曜日の第二戦、ワタリガニ!情報を入手して少し離れたポイントに高速を飛ばして遠征してまいりました。カニ好きの息子は学校から帰るや、黙々とカニをほじり続けております。個人的に私淑する開高健先生の「オーパ!」のアラスカ編にやはりカニを山積みして食べ続ける写真が有りましたが、やはり滋味濃厚な海の幸を徹底して食い倒すというのも開高流に言えば「人生の食育」のようです。息子はお陰様で中学に入り少年から青年に、私は中年から老年に、徐々にシフトチェンジ中。旬の魚を通して触れ合える親子の仲はいつまで続く事やら。DSC_1123

快進!チャイルドキャブ♪

投稿日:

こんにちは。関東の渡邉です。

今年は春のご納車ラッシュ以降、6月に入ってもお車のご納車が続いております。お待たせしているお客様には大変申し訳ございませんが工場もフル稼働で頑張っておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

お陰様でチャイルドキャブのご注文が年々増加しており、累計で50台を超える勢いです。本当に有難うございます。先日も2か所の施設様にてご納車が有りましたので、そのワンショットをアップ致します。

DSC_1113相変わらず、芝生と石畳がなぜか似合うチャイルドキャブ。埼玉県のお客様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては茨城県の南部、最近はTX効果という言葉が出るくらいに人気のある新興住宅地の沿線のお客様。新興地のマンションの一階にある新しい園のお車のご納車です。素敵な園長先生のご選択で選ばれたチャイルドキャブ。独特のユーティリティーとスタイリッシュな外観が特徴です。

DSC_1118

素敵な園舎のエントランス

DSC_1114

大変お世話になりました。

てんしょう幼稚園様納車☆

投稿日:2016年6月16日

皆様こんにちは。西日本マーケティング部の大嶋です。先日福岡県古賀市にあります、てんしょう幼稚園様へご納車をさせて頂きました。お問い合わせを頂きお伺いしたのですが、お使いのお車が古くなり買い替えをご希望との事でした。お知り合いのデザイナーさんがデザインをされていたお車で、このデザインがかわいくて愛着もあるので新車の小次郎も同じデザインをご希望でした。データが無かったのですが写真を撮らせて頂き弊社デザイナーが全く同じデザインを作り完成、ご納車となりました。理事長先生以下、先生方に本当に喜んで頂けました。子供達もきっと喜んでくれる事だろうと思います。お買換えとなりますと長年ご使用されてきた愛着のあるお車を手放される訳で、新車も同じデザインで!という場合も多々御座います。デザインのデータがあれば非常に有難いのですが、無い場合でも写真からデザインを起こし作成する事は可能で御座います。何でも構いません!他社のお車でも

正面

同じデザインでお届け出来ました

右

車が一回り大きくなったのでそれに合わせデザイン

左

バンパーも同色のホワイトに塗装

後ろ

ホワイトは透明感があります

お困りごとが御座いましたらいつでもお声かけ頂ければと思います。

破れないシートカバー!

投稿日:2016年6月15日

皆様こんにちは。東北営業担当の山田です。

東北地方も梅雨入り宣言が出され、しばらくはうっとうしいお天気とのお付き合いです。

そんな中、先日岩手県二戸市にある認定こども園様にてシートリペアの作業を行って参りました。

バスをお預かりすることなく、送迎の空いた時間で作業を行う為、全国の施設様から多くのお問い合わせをいただいております。誠にありがとうございます。

今回ご注文いただいたのは、「破れないシートカバー」での施工で、生地がテント生地ですので、しっかりとしております。私も数多くの施設様を訪問しておりますが、その多くが、子供達が送迎中にシートを噛んで穴を開けてしまうとの話を良く耳に致します。

破れないシートカバーのサンプル品もございますので、一度手に取って実際見てみてはいかがでしょうか?

お問い合わせお待ちしております。

施工後

施工後

施工前

施工前

施工後

施工後

施工前

施工前

釣好日

投稿日:2016年6月13日

こんにちは。関東の渡邉です。昨今の梅雨の合間の晴れ間はなかなか気持ちの良い日和ですが、こちら茨城の海況はあまり良くなく、お魚全般全体的に不漁です。この時期、南から北上する黒潮と北から南下する親潮のその交じり具合で豊漁不漁が左右されるらしいのですが、親しい釣り師たちは皆うつむいている毎日です。

魚は釣れぬとも、なんとも清々しい日曜日でしたので釣行を決意。お気に入りの石の上まで水の中を漕いで渡って到着。周りが水なので誰も話しかけてこないという孤高感がたまらないポイント。落水したら泳げばいい、ぐらいの覚悟は必要な場所ですが・・・。DSC_1112

結果、今が乗っ込みシーズンの黒鯛52㎝、スズキ50㎝、おまけに縞イサキが手中に。波の合間を縫って斜めの石の上で写真に収めたのでアングルが悪く魚が小さく見えますが、50を超えた黒鯛はいわゆる年無しといわれるサイズで、この時期、交通事故的に巡り合える一匹です。

帰り道、魚をぶら下げて水中を漕いで歩き、見上げれば初夏の青空にはばたく一羽の鵜。自然との一体感。タバコが美味しいひと時です。ちなみに長良川の鵜飼いの鵜は茨城で捕獲され、現地で活躍してます。

済世第一幼稚園様納車☆

投稿日:2016年6月10日

皆様こんにちは。西日本マーケティング部の大嶋です。昨日福岡県北九州市に御座います済世第一幼稚園様へご納車をさせて頂きました。こちらの園様は系列園も含めすでに複数台の小次郎をお使い頂いております園様です。毎回先生方がデザインを担当されて本当にカワイイお車が出来上がっております。こんなカワイイ車で送迎されてきっと子供達も園に通うのが楽しみで仕方ないでしょうね(^^♪

基本的にはお問い合わせを頂き私がお伺いして打ち合わせに行く場合がほとんどですが、直接本社とやり取りをされてお決めになられる場合もあります。今回は後者の方でしたのでどんなデザインなのかは分かっておりませんでした。いざ対面してみると今回のお車はオールホワイトで、デザインもオリジナルの大変カワイイ仕上がりとなっておりました。実は現車を引き取りに行くまでどういう車に仕上がっているのか分からない場合もあるんです!個人的にはそれも納車時の楽しみの一つになっております♪

先日東北の山田も書いておりましたが出荷時に傷が入らない様に養生シートを貼り付けています。私もお客様の所で養生シートを剥がす様にしています。剥がした後拭き上げをしていましたら雨も降るしもう拭かなくていいですよと言われましたが、工場の皆が一丸となり一生懸命作り上げた車です。皆の気持ちと共に愛情と誠意を持ってお届けするのが営業の仕事です。たくさん活躍してくれよ!という気持ちを込めながら拭き上げてお渡しをして来ました。

またご納車後から長いお付き合いをさせて頂く事になります。私は西日本を担当しており範囲がかなり広いのですがいつでもお伺い致しますのでお車の事で気になる事がありましたら何でも構いませんのでお問い合わせ頂ければと思いますm(__)m

養生シートを貼っている状態。お届け後に剥がします。

養生シートを貼っている状態。お届け後に剥がします。

DSC_1374

カワイイデザインですね

オリジナルデザイン

オリジナルデザイン

ホワイトはシンプルですが透明感があります

ホワイトはシンプルですが透明感があります

 

納車紀行/三重

投稿日:2016年6月9日

皆様こんにちは。関東の渡邉です。いよいよ梅雨らしい季節に突入いたしましたが、如何お過ごしでしょうか?

先日は三重県の古くからのごひいき先にお車をお届けしてまいりました。立派な真言宗の御寺様に併設する幼稚園様で各方面に於いてエネルギッシュに活躍されてらっしゃる理事長先生に久方ぶりに面会。お話を伺うほどにそのスタミナとバイタリティーに脱帽でした。お忙しい中お立会いいただき誠に有難うございました。DSC_1081DSC_1082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内には荘厳な三重塔がそそり立ち、山門にはおなじみの仁王様がグッとにらみを利かせて魔の入るスキが有りません。DSC_1084

 

 

 

 

 

 

 

しかし、一歩山門を出ますと、そこは国道の喧騒から離れた、旧伊勢街道筋の静かな古い街並み。人が歩くには丁度良い道幅。町の情緒、人の匂いは史跡散策好きの私の心を大いに揺さぶるのですが、同時に10年ほど前に社内作成した「小次郎が活躍する地域の基礎ファイル」が脳裏に起動してしまいます。狭い道路を見ると思わず発症する職業病でもあります。現場を見る事、ユーザー様の声を聴く事。これがすべての原点であり結論でもあります。お問い合わせ先の現地を実際に小次郎デモカーで走り廻って肌身で感じて来た経験が生き生きとよみがえってくる瞬間です。DSC_1085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通り沿いに廃業された銭湯が有りました。今、この<せんとう>をワード変換しましたら8番目の候補で<銭湯>が上がってきました。かつては人々の生活の一部であったものの、今ではひっそりとその面影を残すばかりです。「昭和」という文字とそのにぎわいの幻影に少し切なくなります。

銭湯はなくなり、小次郎が活躍する街並み。常に時代の最先端を追い求めつつも、その移ろいを甘くかみしめる納車の旅でした。

小浜こども園様納車☆

投稿日:2016年6月7日

皆様こんにちは。西日本マーケティング部の大嶋です。先日長崎県雲仙市にあります小浜こども園様へご納車をさせて頂きました。以前も弊社の汽車バスをお使い頂いておりました園様です。なかなかご挨拶に伺えずにおりましたが、ようやくご挨拶に伺った際に小次郎を見て頂き、非常にお気に入り頂きまして伺ってからほんの数か月後にご注文を頂ける運びとなりました。こちらの園様はオリジナルのロゴのデータをお持ちでしたので、データを使わせて頂きながらデザインのご提案をさせて頂いたのですが、デザイン画よりも実車の方が全然良い!色々と有難う!と大変お喜び頂けました。データが無い場合でも1からデザインを起こしたり細かいデザインなどにも幅広く対応致しますのでお気軽にご相談下さいませ。

長い間お使い頂いた汽車バスを今回引き取らせて頂きましたが、新しい小次郎が

新しい小次郎と汽車

新しい小次郎と汽車

ホイールキャップまでオレンジで統一しポップなロゴがカワイイです

ホイールキャップまでオレンジで統一しポップなロゴがカワイイです

長く活躍してくれた汽車バス

長く活躍してくれた汽車バス

きっと活躍してくれる事と思います♪

東久邇宮記念賞受賞

東久邇宮記念賞受賞

Facebook

東久邇宮記念賞受賞

優良中古車情報

幼稚園バスのプロ光源舎が責任を持って整備した中古車です。ニャンニャンバス、汽車バス、小次郎シリーズなどお求めやすい価格になっています。

中古車

詳しくはこちら

お問い合わせ 資料請求はコチラへ!

お問い合わせ 資料請求はコチラへ!お問い合わせ 資料請求はコチラへ!