光源舎オートプロダクツ

幼児専門車製造メーカー。企画・設計・製造・販売・登録・納車・パーツを含んだアフターサービスまで一貫して行う、
国内唯一のワンストップサービスの光源舎です。

商品ラインナップ

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

携帯電話

投稿日:2016年2月29日

こんにちは。本部フロントの佐々木です。
2月最後の日曜日。娘の中学進学のお祝いに携帯電話を購入しにショップへ行って来ました。半年位前から会話の端々に“LINE”の話題が出ており、欲しい気持ちがあるのは十分に気が付いていました。

けれど、私が選択したのは“ガラケー”。しかも、ネットも制限を掛けたシンプルな機能の物です(メールは出来るようにしました)。

当然、娘は初め心底ガッカリした顔をしましたが、如何せん私の決定が覆る事は無い事を彼女は十分知っています。直ぐに気持ちを切り替えてお気に入りの色を選ぶべくフロアへと足を運びました。
彼女がスマホを欲しがるのは痛いほど理解出来ます。友達の半数はLINEをしている状況。取り残されるのが怖いのでしょう。

しかし、その反面、トラブルが起こっているのも、また、事実。ショップで対応して下さったスタッフの方に聞いてみたところ、フィルターも何も制限を掛けないお客様も多いですが、中にはトラブルを抱えて、だけど、親に相談も出来ずに1人で来店する子どももいるそうです。また、私と同じようにシンプルな携帯電話を選ぶお客様もいない訳ではない、と。

勿論、スマホと上手に付き合っている子ども達が大半なのでしょう。だけど、私は『持たせない』選択をしました。娘を信用をしてない訳ではありません。ただ、少しでも無用なトラブルなら避けたい、それだけなのですが難しい選択ですね。今回、機種変更するまで、娘は見守り携帯を使用していました。これは本当に安心です。登録した番号以外は着信も発信も出来ない上に、GPSも付いた防犯ブザーなのですから!学童さんを卒業してから今まで私の心強い味方でした。

この春、小学校へ入学するお子様がいらっしゃるご家庭も、携帯電話について話題になっているのではないでしょうか?行動範囲も広がり不安は尽きませんよね。ご家庭によって正解は様々あると思います。安心して送り出せる体制を取りたいですね。

 

携帯

この子は誰?

投稿日:2016年2月25日

皆さんこんにちは、本社斉藤です。

来週からはいよいよ当社が一年で一番忙しくなる3月を迎えます。工場、事務所と慌ただしく毎日を過ごしております。そんな事務所内に何やら子供の姿が・・・

IMG_5725誰だ??この子は・・・何やらお絵かき中???おとなしーく、じっとしてますね。

 

 

 

 

 

IMG_5727正解は、こどものダミー人形でした。この子は、通称「ひろし君」3歳。日本人の3歳の平均的体格(身長・体重)に忠実につくられており関節可動します。関東渡邉本部長の古着屋コーディネートで可愛らしい「ひろし君」ですが当社にとっては大変頼もしい存在です。幼児専用車には専用設計された小型のいすが取り付けられます。当社では幼児専用いすやそこに付随するパーツなどを設計する際に「ひろし君」を座らせ開発を進めます。立派なテストスタッフです!

 

IMG_5728IMG_5729幼児座席に座る「ひろし君」。 着座の様子などは図面上だけでは判断できないリアル感が有り、実はこのリアル感こそが新製品開発の一歩となるのです。

 

ちなみに、5歳のお兄さん「よしお君」は関東デモカーに搭乗し渡邉本部長の日常業務に立ち会っているそうです。いつか光源舎ブログで紹介できたらと思っております。

北海道から桜の便り❀

投稿日:2016年2月20日

IMG_1827こんにちは。本部の川島です。

北海道から桜の便りです(^u^)

一昨年の冬に初めて、インターネットで盆栽を購入しました。

(お手軽な時代ですね。)

昨年の春は、外の桜と同じようにゴールデンウィークに満開になったのですが、今年は冬の間玄関フードに置いておき、1月に室内に入れたところ・・・

今週早くも満開となりました。(*^^)v

日光が足りなかったのか、色が薄くなってしまったのが少し残念ですが、他の花にはない、風情を感じて喜んでおります。

卒園式のご準備や入園のご準備など、皆様お忙しい日々をお過ごしと思います。

桜の咲くころに、皆様の笑顔とともに弊社の幼児バスがありますことを想像しながら、心を込めてご納車のご準備を進めて参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

安全、安心、快適の為に

投稿日:2016年2月18日

皆さんおはようございます。本社斉藤です。
今日はいつもと趣向を変えて、新聞記事紹介から。2月17日付け日刊工業新聞一面トップ記事。パナソニックが2017年の実用化を目指して車体の左右後方の3点を運転席にいながらモニタリングするシステムを開発するそうです。これは現在協議中の自動車のサイドミラーレス化の流れの中で、さらに安全面を考慮し死角となるエリアの視認を行う事を目的とした内容です。特記すき点は一度に3か所の死角を運転席にいながら視認が出来る事です。
パナソニック車載カメラ
当社は同様の概念を持ったシステムの商品化を3年前に終了しすでにオプションパーツとして販売中です。勿論数あるオプション類の中でも人気のシステムとなっております。当社システムの特記すべき点は車体の下回り(下部)の視認も同時に可能な4点カメラである事です。大型車両の下回り(下部)には多くの危険が潜んでいます。
光源舎4点カメラ
大手メーカの3年も前に実用化しさらに一歩進んだ安全対策ができたのは、お客さまの声を営業スタッフが真摯に受け取り、製造スタッフが懸命に開発した結果だと思います。やはり幼児バスは安全、安心、快適に、ですね~(^O^)/

発進!e-チャイルドキャブ 完成検査編

投稿日:2016年2月12日

皆さんこんにちは。本社斉藤です。先ほどe-チャイルドキャブの国交省完成検査が無事終了しました事をここに報告いたします!

ガソリン車のチャイルドキャブを開発し販売開始したのが平成25年1月。それから足掛け3年、電気自動車の幼児専用車を日本国内で走らせたい!次の時代を担うお子さん達にこの未来の車に触れて感じて欲しい!そんな思いからこのプロジェクトははじまりました。当たり前ですがガソリン車との構造的な違いがあり設計上の大きなハードルを越える為に多くの時間を要してしまいました。設計上の問題を解決し実車加工がスタートしたのが昨年10月。この車両をお待ちのお客様にも随分とご迷惑をおかけいたしました。この場をお借りし心よりお詫び申し上げます。

本日、やっと国交省の全ての検査に合格し、幼児専用車として完成を迎える事ができました。

1455244309935 1455244268812

 

 

 

 

1455244226069

 

 

 

 

 

 

こちらの車両は今月20日に石川県小松市に納品され、その後今月内に本登録を経て正式に幼児専用車として園児の皆さんを送迎する事となります。

これまでEV事業に係っていただけた全ての皆さんにお礼を申し上げるとともに、これからのe-チャイルドキャブの活躍を楽しみにしていきたいと思います。納車や園児の皆さんが乗りこんだ様子などもこのブログで継続的に発信出来たらいいなぁと思います。

発進!e-チャイルドキャブ 第四弾

投稿日:2016年2月10日

皆さんこんにちは。本社斉藤です。

e-チャイルドキャブ製作ブログも早い物で第四弾を迎えました。これまで開発にあたり様々な問題を解決しつつ順調に工程が進んでいる様子をお伝えしましたが、本日は電気自動車に係る最後の作業ポイントを迎えましたのでここで紹介いたします。幼児送迎用車両を製造する場合、幾つかの作業をこなしながら進みます。その幾つかの作業の中には、切断や分解、溶接など熱や微電流が発生する項目が数点含まれます。このような作業を行う際には自動車に対し特別な配慮(電気自動車はエンジン車と内容が異なります)を行った上で進めます。そしてそれらの作業(車体に影響が有る内容)が終了した時点で、自動車自体に問題が発生していないか否かを診断する必要があります。これまでのエンジン車と違い、電気自動車は当たり前ですが電気だけで動く車。複雑な電気システムを持つ為、問題の診断にも特別な作業が求められます。

IMG_5667※専用の計測機械を車に接続し、診断中の様子

 

 

 

 

 

 

 

もちろん結果は良好で、作業による車体への悪い影響は発見されず、ひと安心です。これまでのエンジン車両と比べ、運転席周りはどことなく「最新」な香りがしてお洒落ですね。

IMG_5675※イグニッションスイッチを押した様子。当然エンジン音はしませんし、パソコンの起動音を彷彿させる立ち上がりです。

 

 

 

 

 

 

さぁ、後は国土交通省の完成検査を受けて、施設名を施工し美装を施して、来週末にいよいよお客様の元へ向かいます!

IMG_5653IMG_5670

納車紀行/いわき市

投稿日:

皆さまこんにちは。東北エリア営業担当の山田です。先日、東北エリアにおいて初のチャイルドキャブをご納車して参りました。

4WD設定がない為、雪深い地域では、厳しい所はありますが、前輪駆動ですので、雪道でも比較的走行しやすい車両ではあります。

また、定員が大人2名幼児11名乗りですので、普通免許で運転でき、取り回しも楽チンです。

燃費も良く、デザインもスタイリッシュなので、シンプルながらも目立つ事間違いなし。

新しいタイプの幼稚園バスです。詳細についてはご連絡いただけれは幸いです。本当にありがとうございました。

 IMG_3838 IMG_3839

札幌モーターショー

投稿日:2016年2月8日

皆さんこんにちは。本社斉藤です。すっかり報告が遅くなりましたが、当社が参画している北海道発EV研究開発・利活用プロジェクトの一環として、1月22日~24日開催された札幌モーターショーに試作車を展示しました。3日間、大変多くの方に見て頂き様々なお声を頂戴しました。今後の方向性について大変重要な局面を迎えたと改めて感じております。今回のフェイズ1において当社はエクステリア(外観)担当でした。

利活用概要会社案内

 

 

 

 

 

会場の様子

※一日4万人以上の方々が札幌ドームに来場されました。どこを見ても人、人、人・・・

 

 

 

 

 

フェイズ1は共同参画した各企業が本事業への取り組みを通じてお互いの技量や工程について確認をしあう為の、いわば研究の集大成であったと思います。

試作車両※とても評判が高かった注目のエクステリア

 

 

 

 

 

 

 

フェイズ2に関しましてはEV自動車としての事業化を見据えた(場合)、システム開発や利活用の方向性をより具体的に検討し、企業間の作業分担を明確に進める必要性を強く感じております。フェイズ1とは比べ物にならない重責を感じておりますが当社が参画する事により、本事業が正しい方向に進む事が出来ればよいと思っております。現在完成を目指しているe-チャイルドキャブも電気自動車・・・。偶然ではなく必然。チャレンジ(^O^)/

明日も・・・

投稿日:2016年2月6日

こんにちは。西日本マーケティング部の大嶋です。明日も雪予報になっています。先月札幌に行ったのですが大雪・・・九州に帰ってからも大雪・・・高速道路も全線ストップになり通常2時間で行けるお客様の所へ約7時間かかってしまいました。生まれて初めての九州での大雪でした。明日は先月ほどの雪ではないでしょうがお車で移動の際

先月のお客様の所からの帰りの景色

先月のお客様の所からの帰りの景色

九州でこんなに雪を見たのは初めてでした。

九州でこんなに雪を見たのは初めてでした。

には十分お気を付け下さい。

発進!e-チャイルドキャブ 第三弾

投稿日:2016年2月1日

皆さんこんにちは。本社斉藤です。ここ2週間ほど寒い日が続いておりますが、札幌市及び近郊は例年よりも雪が少なく今のところは比較的穏やかな冬です。

さて早いもので今日から2月です。2月と言えば!?そうです、開発中のe-チャイルドキャブ納品が目前に迫っているんです!製造部では、開発部分の製造が完了し、ノーマルチャイルドキャブとほぼ同様の工程作業に入っております。幼児車両としての完成は2月10日頃を予定しており改めて完成した姿をブログでお披露目したいと思います。本日はガソリン自動車と電気自動車を画像で比較してみたいと思います。

まずはフロント部分から比較してみましょう。

IMG_5634

IMG_5630

 

 

 

 

 

 

ガソリン車にはラジエター用のグリル(黒い網の部分)が有りますが電気自動車には必要ありません。その代わり電気自動車最大の特徴となるある物が存在します。

あるものとは?答えは充電口です。

 

IMG_5629これが充電口です。う~んそれとなく最新な未来を感じますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

次は一番の違いであるボンネットの中をのぞいてみましょう。

 

IMG_5632IMG_5628

 

 

 

 

 

ぱっと見はサイズ的に大きな違いは感じられませんが、右の電気自動車のボンネット内を良く見るとガソリン車特有の大小パイプ類が見当たらず非常にすっきりしています。大きなBOXが中央に鎮座しているだけですね・・・。

ちなみに、ベース車両電気自動車NISSAN e-NV200はスペインバルセロナ工場で生産されていて、いわば逆輸入車両なんです。グローバルな車ですね!

最後に珍しいカットを。ガソリン車/電気自動車大集合です(^O^)/

IMG_5624

 

 

 

 

 

 

 

 

※真ん中が弊社オリジナルニューヨークイエロー、向かって右が電気自動車(車体色はお客様指定色)、向かって左がオリジナルホワイトボディ(天井のみお客様指定塗装を施しています)

東久邇宮記念賞受賞

東久邇宮記念賞受賞

Facebook

東久邇宮記念賞受賞

優良中古車情報

幼稚園バスのプロ光源舎が責任を持って整備した中古車です。ニャンニャンバス、汽車バス、小次郎シリーズなどお求めやすい価格になっています。

中古車

詳しくはこちら

お問い合わせ 資料請求はコチラへ!

お問い合わせ 資料請求はコチラへ!お問い合わせ 資料請求はコチラへ!