光源舎オートプロダクツ

幼児専門車製造メーカー。企画・設計・製造・販売・登録・納車・パーツを含んだアフターサービスまで一貫して行う、
国内唯一のワンストップサービスの光源舎です。

商品ラインナップ

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

鳥と魚と釣り針と

投稿日:2020年1月21日

皆様こんにちは。関東の渡邉です。

ここ数年来のことですが太平洋の黒潮が蛇行を続けており、その影響は遠く北海道まで影響しているとか。1月に入っても脂ののったマイワシがスーパーで買えるのはうれしい事ですが温暖化だといわれるとうつ向いてしまいます。さて、例にもれず地元関東の海も蛇行で派生した暖流のおかげか、この厳冬期に秋がメインの魚が時々沿岸に大挙押し寄せて来たりしております。

波打ち際に舞う無数のウミネコたち。この下にはイワシとそれを追うイナダの大群。イナダが下からイワシを追えばイワシは水面に飛びそれをウミネコが食べるというすざましい食物連鎖の光景です。こうなると釣り師は何を投げても魚がかかる。昨年も短時間に数十匹というイナダの釣果に何度か恵まれました。豊饒の海、原始の海、ふとよぎったその感覚の中にいわゆる縄文の釣り針を思い出しました。まともな糸などない時代に動物の骨を削って作った例の出土品。魚が狂乱しているこの状況ならあの骨の針でも釣れるであろうと確信しました。実は動物の骨格は近年まで漁具として使用されておりまして、弓角といって主に牛の角を削って針を付け水中を引っ張って回転させるというものでした。私的な経験則では魚はキラキラしたりモワっと光るものを好むので、牛の角や動物の骨のつやのあるパール感やひょっとするとリンの成分の発光が魚を魅了させるのかもしれない。ルアーフィッシングの起源はピクニックでお弁当を食べていた西洋の子供が誤ってスプーンを湖に落としたらそれを鱒が咥えて行ったことから柄のないスプーンに針を付けたものが発祥ということになっておりますが、ひょっとすると縄文の骨の針もルアーだったのではないか?骨の針で釣った魚をぶら下げ、帰り道に栗のようにゴロゴロ落ちているハマグリを砂浜で拾いながら暮らしていた私たちの先祖。豊かな海はそんなロマンも掻き立ててくれます。

最新の道具で仕留めた寒ヒラメ

今年も釣りに仕事に。

投稿日:

皆様こんにちは。関東の渡邉です。

今年初めてのブログとなりますが本年も何卒よろしくお願いいたします。

さて、昨年から今年にかけて多種多様な出来事で世間は賑わっておりますが、なんといっても天皇陛下の御代替わり。日本人としてこれほど大きな出来事はありませんでした。古代史探求を趣味の一つにしているので大嘗祭と聞くだけでワクワクが止らなくなります。歴代天皇の降霊とか縄文と弥生の習合とか色々言われておりますが、表に出てこない秘めやかさがなんとも日本的です。最近では若い方々の神社巡りも流行っているそうで、何故だか分からないけど興味がわく、ということは兎に角良いことだと思います。娘の成人のお礼参りで元旦は神社でお祓いをしていただきましたが、この神社や神事というのも、随分と長い歴史の間に様々に変節を繰り返して今日まで来たのであろうと思わせるほどに、それぞれが面白いほどに謎。本殿拝殿荒魂和魂、ご神体の鏡にお榊、16菊花紋に三つ巴紋。しかし、禁書や偽書といわれる古代の書物にはそのポイント毎にキーワードが散見されるから止められません。例えば古代では天皇の御代ごとにお榊を植えてそれで月日年月をカウントしたなどという記載が実際に残っているんですね。粟/麻文化と米/絹文化の習合、国譲りの神話。庶民には分からないことだらけですが、天皇家におかれては公説約2000年の間引き継がれてきたものがある。権力闘争や部族闘争、海外からの民族や文化の流入も色々あったけど、内包包含してなんとか現在がある。時代ごとに様々な物事を受け止め抱きしめて溶解してきた先人たちのおかげです。争いを好まないこの抱きしめる文化、時々思い出しては内省する日々です。

波打ち際の奇跡

投稿日:2019年11月25日

皆様こんにちは。関東の渡邉です。

今年も残すことあと一か月ちょっと。毎年のことですが、本当に月日の過ぎゆくのが早く感じられますね。「~一瞬の光陰軽んずべからず。」今頃になって先哲の言葉が胸に刺さります。「17歳の一年は17年間分の1年、60歳の一年は60年間分の1年。だから歳を取るほどに一年は短くなる」というのは作家の佐藤優さんの言葉。言い得て妙、頭のいい方にはかないません。生理的には人間の脳内には一分間を約60秒でカウントできる機能があるそうで、これまさに地球や宇宙の運行と人間の生命活動が相似ないし同期していることに他ならない事を実感します。釣り人の私にとっては特に月の引力による潮汐のリズムは重要なサイクルでして、押しては引く渚のさざ波の音はある意味心のリセットには欠かせないものです・・・・。

そんな癒しの渚のお昼過ぎ、突然の心臓バクバク状態に移行。画像の通り、波打ち際でいきなりブリが掛かってしまったのです。スズキ用のルアーな為、針が小さく弱いので慎重にやり取りして何とかズリ上げに成功。癒しの渚でアドレナリン。まるで寝起きの体にリポビタンのような刺激的な経験でしたがまさかの釣果はいつだって嬉しいもの。釣りたてのブリはさすがに食べたことが無かったので貴重な体験になりました。

 

感度に関して

投稿日:2019年10月15日

この度の台風19号、大変でした。罹災された方々には深くお見舞い申し上げます。私渡邉が駐在しております茨城も各地で甚大な被害が出ておりますが、一日でも早い復旧を願って止みません。

 

さて、寄る年波には勝てぬ私も今年で齢50となり、経験値と狡猾さは古だぬき並み?になりながらも、常時どこかが神経痛と感覚機能の劣化により趣味のお魚釣りにも支障が・・・。というわけで久しぶりに道具への投資を一大決心し、先日早速お魚が釣れてくれました。本当に感謝です。良型のマゴチ

ルアー釣りというものは常に魚を誘惑する疑似餌を動かし続けなければならないものですが、実は魚がガブリとやる前にわずかに触ったり横切ったりといういわゆる前アタリというものがある事が多い。これが分からないとせっかくのチャンスを逃す事にもなりかねません。すなわち、リールを巻いている最中の一瞬一瞬が研ぎ澄まされればされるほど、釣果に結び付く。リールならギヤの精度が高い事。竿は高弾性のカーボン等々。その感度を増幅させる道具を使うほど感度はさらに高まる、こういうことなんですね。<一瞬一瞬を研ぎ澄まして、今、今を生きよ!>まさに禅の修行のキーワードの様で抹香臭くてスミマセン。でも、仕事でも遊びでもスポーツでもなんでも極みまで行こうとすると、いつだってこれなんですね。日本の職人さんが精緻を極めた釣り道具。同じ日本のモノづくりの会社としてその完成度の気概というか技術者の矜持というところまで感じてしまう逸品。モノを生み出しその完成度を高めてゆくこと。そしてそれを使用する歓び。釣り針だってかつては動物の骨から削りだされたところから今に至ってます。幼児バスの歴史はドイツのフレーベルが馬車で子供を運んだことに由来するとか。専門業者として自分たちは今、どこにいるのか、今後どこへ行くのか。具現化されるべき次の時代の模索!創造の想像!などと偉そうなことを考えながらも晩酌を楽しみにしてお魚をぶら下げて堤防を後にしました。

久々のしっかり登山

投稿日:2019年8月2日

皆様こんにちは。関東の渡邉です。先日日光の男体山に登って参りました。

5合目付近からの中禅寺湖

山頂手前の火山灰ザレ場。旧火山の証。

 

 

 

 

 

 

標高は2486ⅿあるので山頂付近は気温15℃ほど。なんとも涼しげですがルートはほぼ直線的に登るいわゆる直登の山でしてガレ場岩場も連続し人によっては地獄絵図にもなりかねない修験道のお山です。最近ではパワースポットブームで来られる方もいるとか。先日シートリペアでお伺いした長野県伊那市にもフォッサマグナのパワースポットの紹介が有りましたが、共通して言えることは地磁気の電位が高いエリアであるということ。伊勢神宮もやはり同様だそうで、これは専用の計器で測ると分かるそうですが、実は人間にもこのセンサーが脳にあるそうで現代科学で検証済みになっております。ですから、昔の人の方がこういった部分に関して現代人に比べかなりセンシティブであったのだろうと思います。気持ちの良い場所≒電位の高い場所≒作物が良く実る、等々色んなメリットがあるようですが古いお寺や神社の位置とそこにそびえる巨木、ご神木などを照らし合わせてもなるほど合点がいくものです。

山頂には大きな剣、その隣に鏡石。天皇家の何かを彷彿とさせます。各鳥居の位置と剣の向き等々に色々と神道的意味合いの有る仕掛けがされているそうでなんとも奥深い信仰のお山でした。登りは平均3時間ほど。中には下山まで入れて2時間を切る方や24時間で7回登頂した方等々お山のパワーを見事に受け止めてらっしゃるツワモノもいらっしゃるそうです。登頂=登拝でもあり最多登頂回数1200回越えの方もいらっしゃるとか。

山頂にそびえる大きな剣

 

 

春の海🌸

投稿日:2019年4月15日

こんにちは。関東の渡邉です。

二十四節気では早くも晩春。寒暖の差が激しい分、時節の移ろいに疎くなりがちですが、注意をしていると空には雁が北に向かう姿、戯れあう燕のつがいなど、着実に春が邁進していることに気が付きます。そうなると、果たして水の中は如何なものだろうかと、釣り師は懲りずに水面に向かうのであります。夜には春の乗っ込みと言われるソイの群れに上手く当たり、入れ掛かりになるという嬉しいハプニング。昼にはアイナメとヒラメをそれぞれ一投目でヒットという快挙。どちらも人生初めての有り得ない釣果に恵まれました。釣りの仕上げにムール貝とワカメを少々。水辺で遊ばせてもらえるこの歓び。後世にも残してあげたい自然の恵みです。感謝。

祝 ブラックホール撮影

投稿日:

皆様こんにちは。関東の渡邉です。

久方ぶりのブログアップ、ようやくお仕事の繁忙も一段落して参りました。今年の春も変わらず多くのご注文を頂戴しましたこと、改めて御礼申し上げます。

さてさて、表題の通り先日、なんとブラックホールの撮影に成功したという情報が飛び込んで参りました。かのアインシュタインも予言したブラックホール。私も未だに良くわかっておりません(笑)。実は時を同じくしてたまたま読んでいたのが今回の本。作者の山田博士は<~のからくり>シリーズで難解な物理を分かりやすく解説してくれております。相対性理論本は人生でこれが3冊目。20歳代、30歳代にチャレンジしたもののいずれも頓挫というより理解不能の領域に。頭がブラックホールに吸い込まれておりました。しかし、今回はほんのり分かる!人生初のささやかな喜びに包まれながらご納車の後の帰りの電車の中で少しづつ読み進めております。今度こそ吸い込まれずに!

渡るヒラメたち。

投稿日:2018年12月3日

皆様こんにちは。関東の渡邉です。

ようやく朝晩の冷え込みが出て参りました。季節は、はや小雪。真冬を迎える覚悟を腹づもりする時節ですが、なんと海水温は高止まりで外気より海の中の方がより温かい状況が続いております。

DSC_1501DSC_1497というわけで、今年は有難いヒラメラッシュが続いております。渡りヒラメと言いまして、東北の沿岸から温暖な水温域に大移動する群れが我が家の近所の海にもやってきました。スポーツアスリートと同じで栄養価と運動量により大きく魚体が変わるものです。勿論、お味の方も素晴らしい。お肉と同じで最低3日は寝かして熟成させて頂きます。自然の恵みに改めて感謝です。

晩秋を飾るお魚たち

投稿日:2018年11月21日

皆様こんにちは。関東の渡邉です。

季節の移ろいは本当に早いもので暦の上では既に立冬。V字飛行の渡り鳥が隊列の練習期間を終えたのか、海岸では多くの鳥たちの南下してゆく様子が伺えます。親鳥になって私も約20年。もう少しの辛抱で子育てが完了します。仕事、子育て、釣り?の怒涛の三権分立だか三点倒立だかからも間もなく開放されようとしております(笑)。

DSC_1496さて、恒例の釣りブログのスタートは、ヒラメ、スズキ、イナダのお刺身3点盛が可能になった時の一枚。この時は沿岸にマイワシの群れがこれらお魚たちに追い込まれいわゆるクレイジーな<入れ食い>状態になった時の物です。画像では分かりづらいのですが、このイナダの釣りたての時の色といったら本当に美しいものです。美味しくいただきました。DSC_1499こちらは67cmの大型ヒラメ。通称「座布団ひらめ」と呼ばれるサイズです。大型魚用にと先日道の駅特産品コーナーで妻を説得して購入した大きなまな板を早速使用してさばいてみました。しかし、さばくまでは良かったのですが、まな板が大きすぎて台所のシンクで洗えないことが判明・・・。またもや奥様にチクリとされる買い物をしてしまいました(汗)。

自然の摂理というものはまさに字の通りで、渡り鳥の移動、北から下りてくる大型のタコやヒラメと、その固有の周期を毎年変えずに繰り返されております。毎年変わらぬ季節の味わいを与えてくれる有難み。自然の恵みに感謝です。昔の人は手を海水に入れてその変化を直感的に覚り、時間に追われた現代人はスマホで水温グラフに電車の中で目を通す。刻一刻とデータが自然の移ろいを教えてくれます。都会の真ん中にいてもニヤニヤワクワクが止まりません。これが私の引き寄せの法則?なのかもしれません。

立冬?

投稿日:2018年11月8日

皆様こんにちは。関東の渡邉です。

暦の上では<立冬>、山茶花が花をつけ始める時節ですが、日中は未だに汗ばむ陽気で脂の乗ったサンマが今朝のチラシではなんと78円!。今夜も我が家はサンマになりそうです。

DSC_1493

化け物級の渡りだこ

 

季節のお魚たちもいよいよ終盤戦。タコは東北沿岸から水温の低下で渡ってくる<渡りタコ>が出没し始めます。聞けばタコがアワビを食べるので漁師さんも大きな損害になるのだとか。そのアワビを食べに食べつくしたタコが目出度く我が家の食卓に上がりました。渡りだこ2.3Kℊ。頭の大きさはソフトボールより大きく、一度腕に絡まれたら剥がせなくなるほどの凄しい吸引力。そのお味は・・・、言葉に尽くせません。

DSC_1495続いてはルアーフィッシングの基本となるヒラメとスズキ。日曜日の間延びした昼下がり、早朝から頑張っていた釣り人をしり目に、サクッと頂きました。老猾とでもいうのでしょうか。若い人たちには負けていられません。久しぶりの白身魚ゆえ、有難くキープしてまいりました。

鮭は川に戻ってきていますが、いまだ北海道ではサンマ、イワシ、ブリなどが海水温の影響で好調とか。釣りを通して海を観察すると数十年単位で驚きの状況変化を呈しておりますが、これもまた自然。受け入れるというより受け止めてもらうという考えの方が案外うまくいくのかも知れません。   サンマ、買ってきます。

東久邇宮記念賞受賞

東久邇宮記念賞受賞

Facebook

東久邇宮記念賞受賞

お問い合わせ 資料請求はコチラへ!

お問い合わせ 資料請求はコチラへ!お問い合わせ 資料請求はコチラへ!